受験体験記く2年目①>

2005年1月~2月 

-----

1月13日の日記より
1年目は社労士受験生の間では有名なI塾のカセットテープゼミにて勉強しておりました。評判通り、

大変すばらしい教材だと思います。昨年は3月から無職になり、完全受験勉強生活していたのですが、本格的に勉強を開始したのもこの時期から。元々、かなり集中力がない私が苦しみながらテキスト読み込み2回転、過去問題1回転した時点で6月、他にはなんにも手が回らず自信がないまま他校の模試を受けたところ、結果、なんと既に合格レベルの判定でした。教材に恵まれたことが短期間で実力がついた要因だと思ってます。

しかーし、ボリュームが多いのですよね・・・。
直前期にテキストをまわすの、苦しかったです。
そして、なんとなくI塾の年金科目のテキスト&テープと相性があわなかった・・・。

1年目は下記で勉強しました。
I塾カセットテープゼミ+法改正ゼミ
LEC模試3回、LEC横断本(市販)
うかるぞ予想選択問題集
TACの一般常識問題集
秋保さんの直前に出た白書、法改正本
たまに社労士V、GET購入

2年目はこんな感じで勉強するつもりです。

基本書:うかるぞ社労士
過去問:I塾出版のもの
予想問:うかるぞシリーズの予想選択式
    余裕あれば、日本法令の予想選択式も
その他:社労士Vを年間購読契約しました。

スクール:I塾の法改正ゼミと横断ゼミを考えてます
     模試も2,3回ぐらい受けるかも

(※補足・・・2年目の初期は、このような計画でした。結局、社労士Vは、ほとんど活用せず。余裕がなくて日本法令の予想選択式問題集も購入せず。受験勉強後半からTACの暗記カードを購入したのですが、これはかなり活用しました)

---------


2月7日の日記より 

LECの一問一答カードを購入する。なかなかよい感じがします。

勉強、なんか乗り気じゃないー、でもやんなきゃーって気分の時によさそうです。気軽に取り組めるアイテムとして。分解すると非常にコンパクトですし、完全に理解したカードはさくさく取り除いていくことにより、直前期のチェックにも便利そう。

社労士受験生には有名なサイト、「社会保険労務士 最短最速合格法」の無料で利用できる「ひよこの1日1問」というコーナー、勉強の時の気分転換に時々やってみたりしてるのですが、この1日1問をやってる際に、IDE塾の過去問題集もカード式だったら更に便利なのになぁと、昨年はよく思ってました。

しかしながら、まだあまり進んでいないので、後から認識がかわるかもしれませんが、このカード、簡単すぎ。なんというか、勉強のチェック用としてはよいのですが、これだけでは不十分。受験2年目以降の人には余計な解説などいらなかったりするのでよいですが、初学者にはどうかなぁ・・・という印象。それでも持ち運びが便利だったり長所も多いので、細切れ時間を有効活用したい人なんかには、やっぱりおすすめかなぁ。(あくまで補助教材として)

もうすでにこの時期ですと、初学者の方も過去問題集を買い揃えていることと思います。
社労士試験は試験の性質上、どうしても法改正情報を入手したり白書対策をしたりと、情報にあるていど敏感でないといけません。
しなしながら情報に必要以上に左右されないようにしなくてはなりません。スクールの宣伝に踊らされ、オプション講座をうけまくったり、こなしきれない量の問題集を買い込んだりして、消化不良に終わり、結局基本すらおろそかになり自滅する・・・。

択一対策に関しては、初学者の方には、とりあえず解説が丁寧な過去問題集を完璧に理解することを優先し、他にはあまり手を出さないことをおすすめします。過去問すら理解不十分にもかかわらず、あれこれ他の問題集に手を出すぐらいだったら、基本テキストを読み込んだ方が実力がつきます(選択式対策にもなりますし)。
どうせ直前期には法改正ゼミを受けたり模試を受けたりと択一式の予想問題をやることになります。さきほど紹介したサイトの1日1問の問題も、なかなか優れております。はりきって、択一式の予想問題集を初学者が購入したところで、直前期にこなしきれません。消化不良になります。(体験談だったりします・・・けっこう本を無駄にしました)
余裕があったら6月以降に検討する、でよいでしょう。(多分、こなしきれないことに気づくと思いますが)

おすすめのIDE過去問題集を使った択一勉強法を紹介します。

まず基本テキストを一通り読みます。
詳細まで読み込まなくてよいです。なんとなくわかれば。
次に、過去問題集を読みます。
じっくり解説まで読みます。
解かなくてよいです。時間かかるから・・・。
また基本テキスト読みます。
過去問題集を読んでいるから、重要なポイントの強弱がわかってます。1回目より読みやすくなっていると思います。
けっこう、じっくり読みます。
そして今度は過去問題集を「解き」ます。
事前準備として、エクセルなどで解答表をつくっておきます。
問題番号のとなりに、正解のマル、バツを書く欄、そしてこれが重要なのですが、さらにその隣に理解度チェックを入れる欄を設けます。
1回目の「解き」なので、1科目づつ、一気にときます。
正解のマル、バツを記入するたびに、となりの欄に理解度のマークを入れていきます。よく○、△、×にしそうなところですが、正解の○×と混合しがちになるので、私はabcの記号を使ってます。aは99%理解できてる。bは、多分・・・これ。1科目を全部といたところで、採点します。間違ったのは理解度記号をcとします。この記号を全部、問題集の問題番号のとなりに転記してから、じっくり解説読んで復習。(ちなみに私は試験の時も、問題用紙にabマークを記入し、後で見直すときの基準にしてます。○△で自信のなさを表現すると、正解の○×と混同して見直し時にわかりにくい)

基本的に、上記の繰り返しです。
記号がほとんどaに昇格するまでやります。
(試験直前期、私の場合、ほとんどaになってました)
aが2回続いた問題は、もう理解完璧など、自分なりのルールをつくって、直前期には見直しする問題数を減らしていってください。
もうこの繰り返しだけで、既に初学者にはずいぶん時間がかかってしまっていることと思います。

でも本当に択一式に関しては、過去問題集を完璧にし、それにテキスト読み込み、法改正、一般常識対策をしっかりやるだけで、ボーダーはとれると思うのだけど・・・。
(うちの旦那がボーダーに届かないのは、私の助言を聞かないからである。面倒くさがりなので、筆記用具を使うことなく問題を読んで解くだけで、問題集に理解度チェック記号を書き込んだりしない。なので、直前期になっても効率悪い勉強をすることになるのである)

本当は今年は択一対策は過去問題集と社労士Vを購読してるので、それに載ってる問題と、直前期のオプションについてくるだろう問題、模試だけにしようと思っていたのですが、ついつい一問一答カード、買っちゃいました・・・。
ま、いっか。

問題は、選択式対策である・・・。
こちらは、やってもやっても不安が消えないものですが、今年は市販問題集2冊と、テキストの読み込みで対策たてようと思ってます。

(※補足・・・結局、あまりLECの一問一答カード、活用しませんでした)


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 社労士受験☆開業研究室 Allrights reserved.