受験体験記く2年目②>

2005年3月~5月 

-----

3月19日の日記より
昨日、LECから社労士講座関係のパンフレットが送られてきました。
去年、模試でお世話になった学校です。

今年も模試3回で5000円!をやってくれるらしい。
やったぁー!!!
少しでも受験コスト削減したい私としては嬉しいお知らせ。

模試を実際に会場で受験してみるというのは、けっこう時間配分をつかめたり、周りの同じ受験生を観察できたり、自分の実力が測れたりとメリットがある。

私の考えですが、あまりたくさんの回数の模試を受ける必要はないと思います。
復習できなきゃ模試の効果半減なので、こなせなくなると思われます。
直前期は、一般常識やったり法改正を復習したり苦手分野克服したりと、やること凝縮してたくさんありますからね・・・。

なので、去年もそうでしたが、今年もうちら夫婦は、模試はLECの3回のみだと思います。まだ申し込んでないけど。


そろそろ模試の日程に合わせ、学習スケジュール計画を考えてみようかしらん。

第1回目の模試、6/4。

それまでに基本的事項のおさえ、過去問題クリアを重点的目標にしよう。


--------

4月7日の日記より 

そろそろGWの話題も出始める今日この頃。

今年もGWは勉強三昧の予定です。

あー・・・・犠牲にしていること、多いよなぁ・・・・。

海外旅行へ行きたい・・・・。

お盆は海にも行きたい・・・・。

昨年は、なんだかんだで、多分1000時間、いや1400時間以上は、だらだらとではありますが社労士勉強しておりました。

今年は2年目なのと仕事をしていることもあり、あまりまだ気合が入っていません。
(毎日は勉強してますがね)

GWは勉強のための重要な期間であると思っております。

うぅーーーーー。。。。。(涙)

(※補足・・・社労士受験生にとっては、GW期間の勉強への取り組みが合否をわける?!)


-------

5月1日の日記より

日本全国、GWで行楽モードなのに・・・・。

勉強してますよ、はい。
予定通りです。

うぅぅ・・・・(泣)。

せめてもの救いは、夫婦揃って受験生ってことでしょうかね。

旦那君は、3月ぐらいから、毎週末、図書館で勉強しております。
本日も図書館に行ってます。

私はどうも、図書館とかの方が集中できない。
なので、自宅ひきこもり勉強スタイル。
いやぁー、精神的に不健全ですな。

GW中に、去年つかってた教材、IDEテキストをテープを聴きながら一通り読む予定してます。
既に2日目にして、2科目終了!
ふっふっふ。去年より私、進歩している?
去年はヘッドフォンが悪かったのか、慣れてなかったためか、非常に苦しみながら短期集中テープ聴きをしておりました。
(※2倍速でテープを聴いています。聴き終わったあと、頭がクラクラ状態になっていた)
今年はまだ、三半規管、やられておりません。

法改正の多い、この試験。古い教材を使うリスクはわかっていますが、IDEの教材、特にテープは やっぱり優れていると思うので、1度は今年も聴いておきたかったのです。

・・・・・・あ、日記を書いていますいま、時間差で頭がクラクラしてきました。

------

5月7日の日記より

あとテープ1本分聴きましたら、連休中の学習ノルマ終了。
ただいま社会保険一般やってます。
明日は洗濯したり掃除したりと、少しのんびりします。

年金2科目はとばしました。
去年の教材とはいえ、当初は聴くつもりだったのですが、どうも私の根性が足りないのか教材と相性が悪いのか、聴き始めてすぐにダウン(意識がなくなる(笑))しちゃうんですよね・・・。
去年も年金だけは、他の補助教材で、なんとか理解を深めました。

思うに、他の科目以上に、年金は横断式学習が有効な科目、
国年と厚生年金、比較しながら学習が理解しやすいのに、別々の科目になっていて、更に雑学もおりまぜて説明されるから全体像が広がりすぎちゃって私の頭に入りづらくなっていると思われる。
(他の科目については、ちょっとした小話が理解を更に深めてくれているんですけどね。)


-------

5月20日の日記より

私は本当に集中力がありません。

集中力がない分、勉強時間を長くすることで補っています。

I社から法改正ゼミの通信カセット講座が届く。

今年はI社の法改正でなく、他社のにしようか迷いました。
去年の選択式問題の影響もあってか、今年は前年分や前々年分の法改正まで網羅している講座を出している学校や市販本を、けっこう見かける。
労働科目講座で通達対策しているのも今年の特徴か?

他社の講座に非常に惹かれつつ、結局 今年も去年と同じI社にする。
ついでに、横断式もここに申込済み。

来週いっぱいは過去問演習にかかりそうだから、今月の最後の週には法改正講座を聴けるかな。
なんとかL社模試には間に合うか。


カセット講座にしてもビデオ講座にしても、通信で受講している人、すごい本数ですよね。
基本講座だけで、普通にまともに一通り聴いたら、休憩なしでも50時間ぐらいでしょうか?

ふと、社会人になって仕事しながら入学した通信制大学(放送大学)の授業を必死にビデオで見ていた頃を思い出す。

元々、うちら夫婦そろって直前にならないと必死に勉強しないタイプ。
試験前っていうと、徹夜状態。

放送大学のときも、試験直前期まで、勉強をためこんでおりました。

1科目あたり15回の授業を予約機能を使ってビデオに録画を溜め込む。
だいたい、半年に8科目から10科目とってたので、試験前というと、かなり大量のビデオテープの山が溜まっております。

普通に見ていたらこなせるわけがないので、わざわざ、放送大学の試験対策のために、再生速度を可変できるビデオデッキ買いました・・・。

当初はそれでも2倍速ぐらいで見てました。

しかし、追い詰められてくると だんだん、3倍、4倍・・・・。

もうこうなると、単語ぐらいしか聴き取れない。

しかし、これでも見ないよりは効果があるのである。

断片的なキーワード音声や画像が漠然と頭の中に入った後に、活字テキストを読むと、比較的取り組みやすくなっていたりする。

追い詰められてあみ出した勉強方法ですが、音声や映像を倍速以上で聴いたり見るの、時間がなくて効率よく勉強したい人におすすめです。

そういえば、今年取得したAFPも通信教育で勉強したのですが、これにも大量のビデオテープとCDがついていた。

CDは、手を加えないと変倍で聴ける手段がうちにないから、まったく聴くことなく封印し、ビデオテープの教材のみを3倍速で1回だけ通して観てから学習を開始した。


・・・・けっこう資格取得したり、社会人になってから、とても勉強してますが、絶対お手本になるような学習方法はとっていない(笑)

基本的に、ものぐさ人間。
いかに楽して効率よく勉強できるかのみ、考えています・・・・。


Movable Type(MT)無料テンプレートでクールでかっこいいWEB Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2006 社労士受験☆開業研究室 Allrights reserved.